3syk & 土屋勇太 / インタビュー公開!


Mellow Monk Connection & Zangief Zangief が異色のタッグを組みリリースされたコラボシングル「BC/AC 〜Before COVID-19/After COVID-19〜」が大好評!につき、3syk(Mellow Monk Connection)と土屋勇太(Zangief Zangief)へ急遽インタビューを行いました!


interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2020.07.15



ー 本日は宜しくお願いします。


3syk Mellow Monk Connection(以下:メロモン)の3sykです。今日はよろしくお願いします。


土屋 Zangief Zangief(以下:ザンギエフ)の土屋です。どうぞよろしくお願いいたします。


3syk 実は土屋さんとはまだリアルにお会いした事が無くて(笑)。今回のコラボにしても、全てがリモート環境で制作を進めているだけでなくて、お願いからしてLINEとZoomでコミュニケーション取ってるという特異な状況でした。本当に快諾して頂けて良かったと思っています。


土屋 こちらこそお声掛けいただき大変嬉しかったです。そうですね、今回は限られたやり取りの中での制作となり不安な面もありましたが、逆に情報が少ない分、思い切りよく作業することができたと思います。


ー 貴重な経験になりましたね。


土屋 はい、貴重で楽しい経験となりました。Zoomでの初対面は緊張したりもしましたが(笑)。





ー そうですよね(笑)。そもそも今回はどういった経緯でコラボレーションする事になったのですか?


3syk BC/AC(配信中のBC/ACの原曲)をSoundCloudYouTubeで発表したあと、結構良い評価を周りから頂きまして、どうにかしてこの曲をリリース出来ないか?という話をメロモンのメンバー間で話してたんです。聴いた方は分かると思いますがトラックで大ネタをサンプリングしてますので、あのままだと簡単には販売する事が出来なかったんですよ。


ー 確かにそうですね(笑)。


3syk そんな状況もあって、サンプリングネタを使わず、バックトラックの差し替えで検討する事になったんです。でもただトラックを変えるだけだと芸が無いので、誰かとコラボ出来ないか考えた時に、ザンギエフさんが真っ先に浮かんだんです。そしてそのアイデアをhatchとPGに話したところ、面白いという事になり、お声がけしたという次第です。冒頭に言ったとおり僕はザンギエフの皆さんとは面識がなかったので、齋藤さん(Hooky Records スタッフ)にお願いして繋いで頂きました。



ー Zangief Zangiefのどんな所が魅力的でしたか?


3syk Hooky Records から「イントロ - EP」がリリースされて、初めて聴いた時にシビれました。もともとAcid JazzやClub Jazzは好きで色々と聴いてるんですが、ピアノ中心のインストバンドで、オルタナロック寄りのアプローチしてる所にシビれましたね。一時期は「イントロ - EP」しか聴いていなかったので、そのくらいにはファンです。しかもアー写はドット絵だし、「何者だ?この人達は?」ってずっと気になっていました。編成も3ピースで、ピアノパンクって感じがいいです。QuasimodeとかCloud9みたいにJazz寄りではなく、どっちかと言うとBen Folds Five的なテイストで、本当に好きですね。「Percy」は名曲なのでみんな聴いて欲しいし、何だったら勝手にラップ追加しようかなとか考えてます。





ー つっちーはメロモン及び今回の楽曲に対して、どのように感じましたか?


土屋 メロモンさんは、色んな人と色んなトラックの上で言葉を紡ぐ人たちで、器量人の集まりみたいなイメージを持っていました。なのでそんな方々からオファーをいただきとても光栄で、二つ返事でお引き受けさせていただいた次第です。今回の楽曲についても、言葉選びやアレンジセンスにとても驚きと感動がありました。何より自分がコロナ禍で感じるモヤモヤを絶妙な言い回しで代弁してくれる心地良さみたいなものを感じました。お三方の表現する力がただただ凄いなぁと思いました。


3syk そこまで言ってもらえるの、ありがたい限りですわ。でも土屋さん、言葉がめっちゃ固いな(笑)。よし!ここはお互い心のソーシャルディスタンス解除。もう僕もつっちーと呼ぶので、楽に話しましょー。


土屋 かしこまりました(笑)。