noribooooone / TAPE ME WONDER アルバム リリース インタビュー中編!

<<<インタビュー前編へ





インタビュー中編:エンターテイナーとして。コンポーザーとして。


ー さて中編スタートです(笑)。まだまだ行きますよ〜。GQ06解散後は、すぐにTMWやPwbeの活動をスタートしたのですか? nori いや、順番で言うとpwbeの方が大分前ですね。前身のイルカ団から入れれば20年以上続いています。TMWは今年の9月で11年になります。 ー 長年にわたり複数のプロジェクトでの活動を継続的していますよね? nori 別に意図した訳ではなく、結果的に複数のプロジェクトになった感じで。大学時代の頃から、掛け持ちで色んなバンドで活動していたので、慣れてしまったのかも知れませんね。とは言え、全てのバンドやプロジェクトを同時進行で進めている訳ではないけど、、、流石にそれをやっちゃうと生活が終わりますから。でも複数のプロジェクトをやることによる相乗効果や創作上のメリットはありますね。 ー と言いますと?


nori まず前提として、作り手というのは、作った曲は全て可愛いものなんですよ。例え周りからボロクソに言われようとも、それは盲信的に。一方、全てのバンドやプロジェクトには個性があり、音楽的に得意なベクトルもあれば、苦手なベクトルもある。  pwbeは、僕が知る中でも非常に幅広い音楽性を持つバンドだと思っていますが、それでも長く続けているうちに、メインの音楽性はある程度決まるものです。そういった意味では、作り手のエゴにとっても、バンドの個性にとっても、複数のアウトプットを持つことは、お互いストレスを減らす方法かも知れませんね。 ー アーティスト活動に対して客観性を持っているのかもしれませんね。 nori 実際には必死ですけどね・・・。年々、日々が過ぎるスピードが増してる気がしますよ。 ー バンドを長く続けるにあたって、一番の要因はなんだと思いますか? nori まだ現役バリバリの諸先輩方が沢山いる中で、僕なんかが答えるのもおこがましいですが、やはりメンバーとの距離感が大事なのかなと思います。この年代になれば、それぞれが社会人だ