noribooooone / インタビュー後編を公開!

<<<インタビュー中編




インタビュー後編:「NEVERTHELESS」はパッケージ商品に対する愛とバンド愛の結晶。


ー 目下の最新作としてはTMWの「NEVERTHELESS」になりますが、タイトルにはどういった思いが込められていますか?

nori 「NEVERTHELESS」は「それにも関わらず」という副詞になります。どんなタフな状況でもやり遂げるという強い意志を込めました。言葉の強さも含めて気に入っていますね。

ー 我々リスナーは日常生活の場面場面で「NEVERTHELESS」の楽曲が脳内再生されるんですよ。それを口ずさんで頑張れるんです。

nori そう言ってもらえれば本望ですよ。

ー レコーディングはどのように?


nori リズム隊、特にドラムの録音を狙ってレコーディングスタジオに入り、唄やコーラス、他の上物の楽器については、自宅を改装したスタジオで録音しました。バンドによって録音方法や掛けられる予算はそれぞれだと思いますが、僕らにとっては今のところ、この方法がベストだと思いますね。

ー 自宅にスタジオがあると納得いくまで作業出来ますよね。その反面、凝り性だからエンドレスになりませんでしたか?

nori 確かにそうなりがちですよね。ただこの作品は、曲ごとにゴージャスなアレンジにするかシンプルなアレンジにするかを、事前にある程度決めていたので、やりながら迷うことはあまり無かったですね。唄やコーラス含めて、録音自体はそこまで時間はかからなかったですが、やはりミックスは時間の制約がないとドロ沼化する傾向があります。ロックバンドとしては、あくまで生演奏のリズム隊が軸なので、そこは殆どいじらない前提で頑張りました。

ー 結果、名盤が誕生したと思いますよ。実際にレコーディング作業をしていたのは約3年前ぐらいですよね?振り返ってみて「NEVERTHELESS」とはご自身にとって、どんな作品ですか?

nori 収録された楽曲や演奏、音質やミックスは勿論ですが、2枚組という形態、ジャケット回りのアートワークから印刷する紙質まで、モノとしてのCD作品に、可能な限りこだわったつもりです。この時代ですから、あと何枚実体を伴った作品としてリリース出来るか分からないし、バンドとしても最後の作品かも知れない・・・。そう言った意味では、パッケージ商品に対する愛とバンド愛の結晶ですかね。




クリエイターの個性がよく出てると思います。


ー 「NEVERTHELSS」からは3本のMVも公開されていますね?

nori MVについては、まずお願いしたいクリエイターを決めて、基本的には彼らに映像のイメージが沸く曲を選んで貰って進めました。だからそれぞれのクリエイターの個性がよく出てると思います。

 結果的にクリエイターにはかなり苦労をかけたと思いますが、楽しい経験でしたね。

ー 楽曲を指定しないで制作依頼するって珍しいパターンじゃないですか?

nori 勿論、そこはある程度話し合いながら決めましたけどね。餅は餅屋ということで、出来るだけ最初から絡んでもらいました。

ー 初めに公開されたのは「MARSHMALLOW」ですかね。

nori 「MARSHMALLOW」のMVの監督は甲斐君という、テレビCM業界でも売れっ子の映像ディレクターにお願いしました。

お互いに、色々な面でアイディアを練っていく中で、アイドルグループ全盛の今でこそ、おっさんバンドが360°カメラを使ってノリノリで撮影するという、クレイジーなテーマがいいんじゃないかと。

ちなみに、歌詞が円形で流れてきますが、あれは懐かしのドーナツ盤をモチーフに、僕が全部手書きで描きました。

ー 後半のパーティー感が凄いですよね(笑)。あの衣装は各自で考えたのですか?

nori そう、あれはそれぞれ個人の私物です(笑)。

ー ちゃんと個性が出ています(笑)。



ー 二番目に公開された「EVEN」はどのように?

nori 「EVEN」と「NEVERTHELESS」は、熊ちゃん(エロパンサー3世:noTOKYOのドラム担当)にお願いしました。「MARSHMALLOW」とは真逆のシリアスな空気感ですが、バンドの演奏シーン以外に、細かい素材が沢山散りばめられているので、構成がかなり大変だったと思います。