noribooooone / インタビュー前編を公開!


グローバルな仕事をこなしつつ、バンドやユニットと、益々表現のフィールドを拡げるnoriboooooneの生い立ち、私生活、バンド歴、表題へのスタンスを、洗いざらい掘り下げたロングインタビュー!前編、中編、後編でお届けします!

​interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2018.12.06



インタビュー前編:幼少期〜GQ06時代までを総括!


ー ではインタビューを始めます。よろしくお願いします。

nori どうもこんにちは、noribooooone(以下:nori)です。TAPE ME WONDER(以下:TMW)、pygmy with bitter ends(以下:pwbe)といったバンドや、Mellow Monk Connection(以下:メロモン)に参加しています。愛犬家で一児の父でもあります。

ー 以前から不思議に思っていたのですが、メロモンではPG名義で活動されていますが何故ですか?

nori 一番の理由は単純に皆がそう呼ぶからですが、メロモンの2人(hatch、3syk)は完全に同世代だし、これまでほぼ同じようなキャリアを積んでますから、なんか自然なんですよね。あと、求められている音楽性や役割がGQ06時代に近いというのもあります。

ー と言いますと?

nori 楽器の演奏やトラックメイカーではなく、シンガーやラッパー的な立ち回りという意味で。

ー なるほど。スッキリ(笑)。さて、最近の一番のトピックと言えば、息子さんのお誕生ですね。おめでとうございます!

nori ありがとうございます。お陰様でジャストライクタケノコってな感じで、スクスクと健やかに育っていますよ。

ー 子育てはいかがですか?

nori ひよこクラブ的に言うと、親も子も初めての体験なんで、お互い様だし、恐らく一緒に成長しているというのが実情ですかね。

ー 毎日、「ココロノレイトウコ」(noriboooooneのブログ)でお子さんの成長をチェックしてます(笑)。





出会いや仲間には怖いくらい恵まれた人生だと思います


ー そういえばブログも随分、長いこと続いてますよね?

nori ライフワークに近い感じで続けてますが、最近、ブログの役割って何なのかも分からなくなってきてますね。

 少し前のBBSみたいに、中途半端で時代に取り残されつつある感じが、意外と気に入っているのもありますが。

ー​ CDと立ち位置は似てるかもしれませんね。

nori 実体を伴った商品という意味では、CDはブログとは違うけど、時代に取り残されつつある感じは、確かに似ているかも知れませんね。

ー​ なるほど。「The Times They Are A-Changin'」って事ですね。では逆に現代風なクラウドファンディングなんかは、どう思いますか?

nori 勿論否定はしないし、画期的なシステムだと思いますが、なんとなく、向いているバンド(プロジェクト)と向いていないバンド(プロジェクト)があるような気がするんですよね。

 メロモンなんかは利用しても面白いと思いますが、TMWやpwbeはあまりピンと来ないかな。気の利いたリターンも思いつかないし。

ー 基本的には事前の資金調達が出来るのであれば必要無いですもんね。

nori どのバンドも資金調達は常に課題だと思いますが、昔に比べれば制作コストも落ちたし、自分達で出来ることも増えましたからね。

 メロモンが向いてる訳は、例えばレコード盤を作ったり、思いもよらないアーティストとコラボレーションしたり、映像世界とリンクしたりと、出資者が参加出来るような余地があるからです。あと3sykというマネージメントを出来る人間がいるというのも大きい。

 対して、TMWやpwbeといったバンドスタイルだと、音楽的、時間的な制約に相性が悪いように思います。

ー なるほど。普段から色々と考えていますよね。どのような事が主たるインプットになっていますか?

nori インプットは、旅や光景、映画やレコードといった日常にありますが、やはり一番は人との出会いですね。お陰様で、出会いや仲間には怖いくらい恵まれた人生だと思います。