Yo-C & Wacha / 牙突 EP リリース インタビュー!


激しいバンドサウンドはそのままに、音作りに深みを増した快作2nd EP「無常」の配信を開始した牙突からYo-C(Dr)とWacha(Gt.)にインタビューを行いました。バンド結成から今まで、そしてバンドの未来までを語る貴重なお話を伺えました!


interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2022.07.10



 


ー 自己紹介をお願いします。


Yo-C ドラムのYo-Cです。


Wacha ギターと作曲の一翼担ってますWachaです。宜しくお願いします!


ー バンド結成の経緯を教えて下さい。


Wacha 詳細分かりません(笑)。立ち上げメンバーのYo-Cからどうぞ!


Yo-C 牙突の前身となるバンドからベースのEbi-chanと一緒やっていて、そのバンドが解散するってなった時に、2人で「このまま終わるのなんか勿体ないよね」ってなって。E bi-chanとは同い歳ってこともあり何かと気が合っていたし、幸い2人とも作詞・作曲がアナログな方法だけど出来たので、オレ達の作った曲やプレイをもっと広めたいって事で、オレとEbi-chanの2人で新しいバンドを作ろうと始めたのが牙突です。


ー 牙突っていうバンド名がカッコ良いですよね。


Yo-C 元々、漢字のバンド名がいいなと思っていて、オレが幕末・新選組・るろうに剣心がすこぶる好きなので、そこから拝借しました(笑)


Wacha だそうです(笑)


Yo-C ま、それからかなり長い年月燻る事になりますけど...(苦笑)


ー 当初はリズム隊でスタジオに籠ってた感じですかね。TsuneとWachaはどのような経緯で加入したのですか?


Yo-C そうですね、かなり長い年月2人でスタジオ入ってましたね。しかも、バンド練じゃなく個人練でスタジオ予約して(笑)。メンボサイトでヴォーカルとギターを募集しつつ今のバンド練習同様、2人でもほぼ毎週スタジオ入っていつか日の目を見る事を夢見てひたすら曲を作ってました。メンボサイトでかなりの人数と出会いセッションしましたが、なかなかいいメンバーに恵まれませんでしたが、2017年にヴォーカルのTsuneが応募してきてくれて、歳はかなり若いけど意気投合し加入する事になりました。


Wacha Yo-Cには自分が元々やってるミクスチャーバンド FATIMA で一時期ドラム叩いて貰ってたんで自分が牙突に加入する前から付き合いがあったんですよ。なので牙突の存在も知っていたんですよね。ある時、牙突のTwitter見たらギターがいないようだったのでYo-Cにギター募集しているのか聞いてみたら募集中って事で自分も複数バンドをやりたかったので一先ず音源を聴かせて貰ったらかっちょ良くて「加入出来るものであればしたい!」って事で曲を覚えてスタジオに参加しました。言わばオーディションですね。いや~緊張しましたね!


ー 迎える方も緊張したでしょうね。


Wacha まあ実際合わせてみて「入れそうですかね?」っ聞いたら無事採用されました。現メンバーで一番加入が遅いメンバーなので言うなれば丁稚ですね(笑)


ー 4人揃ったのはいつ頃ですか?


Yo-C 2019年だったと思います。


Wacha そうですね。自分が加入したのが2019年の4月頃だったかな?


Yo-C やっといいメンバーが揃って、それまでの鬱憤が一気に解き放たれたって感じですね!そこから牙突の快進撃が始まりました(笑)


ー 確かに!4人揃ってから1年半後には1st EP「HOPE」のCD発売だから快進撃ですね(笑)!


Wacha ありがたい事に1st EP(CD)も残り僅かになりまして!


Yo-C ライブ会場で初めて牙突を観て気に入ってくれて直接音源を買ってくれるのは凄く励みになるし、ただただ感謝しかないけれど、牙突は今のところ東京近県でしかライブをやっていないので遠方の方は是非サブスクでチェックして下さい!東京近県以外でもライブが出来るように頑張ります!


Wacha そうですね!皆様是非宜しくお願いします!ちゃっかり宣伝しちゃいました(笑)


Yo-C 宣伝は大事です(笑)





ー サブスク解禁となった2nd EP「無常」について聞かせて下さい。CDが先行販売されましたが反応は如何でしたか?


Yo-C CDが発売されてから、これまで何本かライブをやりました。当然、2nd EPの曲を中心にセットリストを組んでるんですが、なかなかいい評価をいただけていますよ!特に”ダウト”は結構気に入ってもらえてるみたいです!2nd EPに入っている4曲中、3曲がWachaによる作曲なので、悪い評価になりようがないんですけどね(笑)


Wacha ですよね~(笑)


ー (笑)


Wacha 今回2nd EPの曲を作っていた最中、特に”ダウト”に関しては、今までの牙突のイメージから大分離れた感じだったので曲が出来上がった時「大丈夫かな?」と思ってましたが、基本牙突って持って行った曲に関してNGが無いんですよ。メンバー皆でアレンジして形にして行くんですよね。結果”ダウト”も今まで牙突には無いタイプだけど良い曲に仕上がったかなと!


ー そうですね。1st EPと2nd EPの一番の違いはWachaが作曲に貢献した事だと感じます。作曲時に意識した事は有りますか?


Wacha 意識した事は今までの牙突には無いタイプの曲を作るのと曲を複雑にしない事ですね。単純明快でカッコ良い曲を作るは大分意識しましたね。結構ここが肝なんですよ。


Yo-C さすがWachaさん、牙突のことをよくわかってらっしゃる(笑)。でも本当、Wachaのお陰で曲の幅、バンドの幅が広がりましたよね!Wacha加入前までは、ベースとドラムのリズムから曲を作ってましたからね。


ー 曲があって、後から歌詞を当てていくやり方ですね?


Wacha 曲が先で歌詞が後のパターンですね。


ー Tsuneの書く歌詞をどう思いますか?


Yo-C 独特な世界観や言葉選びでなかなか面白いですよ。少なくともオレにはない感覚で歌詞を作ってるので、メンバーながらいつも感心してるしリスペクトしてます。一見、今時の若者かなと思いきや、難しい言葉をチョイスしたりしますし。


Wacha 自分は歌詞全く書けないのでその時点で既にすげ~ぜTsuneって感じです(笑)。2nd EPだと”戦”の歌詞は好きですね。ワードチョイスが凄くセンス有るなと思います。が~さすっす!


ー 歌詞がリズムに上手く乗っていて聴いてて気持ちいいんですよね!


Wacha 本人に伝えてあげて下さい。泣いて喜ぶと思います(笑)


Yo-C でも、褒めるのは一回だけですよ!


Wacha 確かに!牙突褒められると謙遜一切しないですからね(笑)褒められて伸びる子ですからね!


ー 大事な事なのでもう一回。「牙突は褒めて伸びる」ですね。インタビュー読んだ皆さん宜しくお願いします(笑)


Yo-C 皆さんに褒めてもらう事で、牙突は一層飛躍しますので、心よりお願いします(笑)


Wacha 宜しくお願いします(笑)





ー 1st EPと2nd EPは、それぞれ違った魅力が有りつつ牙突という芯が通った作品でした。こうなってくると次が難しいですよね。今後の牙突の方向性ってどんな感じですか?


Yo-C 方向性としては、基本的には「今まで通り」です。どんな曲を作っても、どんなライブをやっても結局この4人だと牙突になっちゃうよねってのが、今までも、これからも理想ですね。色んな事に縛られて動けなくなるのはバカらしいし、むしろ受け入れて牙突色に染めちゃえばいいじゃんっていう。あとは、東京近県以外でのライブもやっていきたいし、来年あたりフルアルバムも作りたいですね!


Wacha 来年の目標はフルアルバム制作ですね!そのために新曲も作りはじめてスタジオで合わせてアレンジしたりって感じですね。


ー フルアルバム楽しみですね!


Yo-C 現時点では、まだ何も決まってないんですが、再録とかはしないで新曲で10曲くらい入れたいかなって。時期については、暑くも寒くもない時期にレコーディングしたいですね!


Wacha 具体的な部分は特にまだ決まってなくてYo-Cの言う通り10曲位入れようか位ですかね。


Yo-C まぁでも、どう転んでもカッコいいアルバムになっちゃいますよ!


Wacha ですね~(笑)


ー 現時点では何曲ぐらい完成していますか?


Yo-C 今はまだ2曲ですかね。ただ、まだ手を付けてない曲や暖めている曲もあるので、恐らく10曲は出来ると思います。


Wacha そうですね。曲は作ってあるけどまだバンドで手を着けてない状態のも数曲あるので10曲は出来るかなと!今出来てる2曲もそのうちライブでやると思いますよ。


ー 期待して良いですね?!


Wacha 勿論です!お任せ下さい!


Yo-C オレ達も楽しみにしているし、是非期待して下さい!


ー では最後に牙突ファンへメッセージをお願いします!


Wacha 今年は2nd EPも出してライブもやってと精力的に動いてます!牙突が一番本領を発揮するライブを是非体感して頂きたいです!これからも突っ走って行きますので牙突!牙突をどうぞ宜しく。


Yo-C 牙突は、人見知りだし決して社交性のあるバンドとは言えません。でもSNSを通じての激励や、ライブ中のメロイックサインはガッツリ届いております!なので、積極的に皆さんの方から牙突に絡んできて下さい!躊躇なくチヤホヤして下さい!それが牙突にとって何よりの養分になりますので!一人でも多くの人にチヤホヤしてもらえるようなバンドにしていきますので、今まで以上にこれからも牙突をよろしくお願いします!





 


牙突

2009年、前身バンドの解散に伴い、Ebi-chan(Ba)とYo-C(Dr)が新バンド結成に向け始動。「シンプルでカッコいい曲」を根幹に作曲をする傍らメンバー募集をするも、その後約8年もの間メンバーが決まらず燻り続ける。2017年にTsune(Vo)が、2019年にWacha(Gt)が加入し現在のラインナップとなり、同年11月より東京・千葉・埼玉を中心にライブ活動を本格的に開始。2020年9月に1st EP「HOPE」をCD発売。

METAL、HARDCORE、MIXTURE、HEAVYROCK等をバックボーンに持ち、タイトで爆音轟かす楽器陣にボーカルのGrowl&Rapが絡みつく牙突サウンド。ジャンルに縛られることのないバンドスタイルは、特異なバンドとしての存在感を示している。オールドスクールとモダンが織りなす牙突サウンドを、屍のように生きる現代人に贈る。


LINK:牙突 プロフィール


閲覧数:210回