寄稿企画 / ミューズが降りてきた瞬間!


音楽が好きな人なら一度は感じたことがあるかもしれないミューズ(芸術の神様)。今回は音楽に深くのめり込んできたであろうアーティスト達に「ミューズが降りてきた瞬間」をテーマに寄稿してもらいました。好きな音楽を聴きながら読んでみて下さい。


text by 齋藤泰人(Hooky Records)

2020.12.28




たかし(allizdog


ふむふむ、ではあなたは音楽の神様はいるとおっしゃるわけですね。あ、これは否定してるわけではなくて、非常に興味深いなと。日本には古来より八百万の神様がいて、米の一粒一粒にも神様がいますし、トイレの神様だっていますからね。さらにはもののけ、あやかし、妖怪、怪獣だって神様みたいなもんですから。音楽の神様がいてもおかしくはないでしょう。そーすると音楽の神様ってなんでしょうね?私はね、古今東西の神様は信仰によって作られてると思うんですよ。なので、音楽の、特にロックの神様も信仰によって作られているんじゃないかと。「あんなもんはロックじゃねー!」とかね、自分の信じるロックがあるからつい口にしちゃいますよね。なんてね、こんな偉そうなこと言って申し訳ないですね。なんだかんだ言ってもね、自分も20代の頃は自分の信じるロックを信仰してたんですよ。薬やタバコやお酒なんかもやらないで、どれだけ純粋にロックと向き合えるかってね。えっ、今ですか?今は自分の中のロックの定義が変わりましてね、色々なロックがあるなと。あ、すみません、店員さん、ホッピーのなか、下さい。あ、いやいや、すみませんね。それでなんでしたっけ?あ、そうそう、音楽の神様ですよね。例えば日本に限らず、世界中で神がかった儀式を行う時って必ず音楽があるじゃないですか。太鼓だったり歌やお経だったり。そーいうのも、もしかしたら音楽の神様の力を借りてるのかもしれませんね。日本の著名なオカルト研究家が行った実験によ