3syk / インタビュー公開!


一見すると知的でクールなイメージだが、実は情熱的で優しい3syk。音楽、ゲーム、本、コーヒーと、その好奇心が尽きる事のない彼にMellow Monk ConnectionとZangief Zangiefのコラボシングル「BC/AC 〜Before COVID-19/After COVID-19〜」を掘り下げるインタビューを行いました!


interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2020.07.31



ー 1年半ぶりの新曲ですね?


3syk 1年半も出してませんでしたっけ!?


ー “LET'S GET PARTY (feat. TO-Ka & Bro.Hi)” 以来ですからね。


3syk そうでしたか。hatch が SoundCloud にも楽曲を公開してたので、そんなに空いてたかな〜って感じですが、hatch、PG、僕の3人が揃って、レコーディングをしてリリースするのは、確かにそう言われると一年半ぶりですね。でもその合間にもアルバム用のレコーディングをやっていたりとか、hatch が弄った mix を聴いたりだとか、適度に3人が集まる機会はちゃんとあって、あまりこう、活動が空いてたっていうイメージは自分的には無かったですね。


ー これからアウトプットが増えますか?


3syk そうですね。アルバム出す出すって、ずっと言ってましたけど今年中には出したいなと(笑)。ここは hatch がきっと頑張ってくれるでしょう。


ー 今作 ”BC/AC 〜Before COVID-19/After COVID-19〜”(以下”BC/AC)の楽曲制作の切っ掛けは?

3syk そうですね。僕の場合は在宅勤務指示が2月から始まってて世間より少し早かったんですけど、コロナ影響による自粛要請が本格化するちょうど3月ぐらいから世の中的にも「いよいよやばいぞ… 」っていう感じになってきて、緊急事態宣言が出る前あたり。皆がそれぞれ家に篭り始めた時期があって「ライブハウスがやばい」とか、「休業支援どうするんだ?」とか、音楽業界にも暗雲が立ち込めてきてる時にネガティブな発信とかを SNS でたくさん見かけたんですね。なんか皆ハッピーになってほしいな、と思ってたところ、ちょうど色んなアーティスト達がですね、ギターで歌を歌ったシーンを動画で撮影して、それをバトンで繋ぐみたいな事をやってるのあったじゃないですか?


ー ありましたね。


3syk その流れで、PG が ”MARSHMALLOW” を歌ってる短い動画があってですね、PG の Twitter とかリンクで辿れると思うのでぜひ視て欲しいんですけど、あの ”MARSHMALLOW” を歌ってるんです。ちょっと歌詞も変えたりして。それを見て思ったんですが、やっぱりこの人は「最高じゃん最高の人生」って、こうこういう状況にあっても歌うんだなぁと、メンバーながらに感銘を受けました。まずそういうポジティブなキッカケがあって、あとは実際こう巷で湧き上がってる色んな感情とか色んな問題とかっていうのを見ていてですね、自分の中で311の直後の世界がフラッシュバックしたんですよ。色々な災害とか世界中で問題が起こった直後って価値観がガラッと変わったりとか、世界の仕組みが急速に変わるんですけど、なんか今回のコロナ禍はそんな流れになっていくな、って思ったんですね。


ー なるほど。


3syk それで「ちょっとこの状況をアウトプットしてみるかぁ」と、リリックを走り書きしたんですね。自分の Twitter のログを遡ってみると、4月14日ですね。この時点で ”BC/AC” っていうキーワードを呟いてるから、このタイミングでリリックを書こうとしてる感じですね。この前後で自分の Tweet を幾つかピックアップして振り返ってみると、友人とリモート飲みとかした感想を呟いてたり、「リモートで語り合おう」とか「家で過ごそう」「距離を保とう」とか、こういう所を見返しながら使う言葉をピックアップしてたんだと思います。歌詞を書くために言葉を用意したわけじゃなくて、そういった特殊な日常の感想とかが積み重なって、リリックという形になっていきました。結果、リリックが何かいい感じになったので、ちょっとこれはメロモンで出した方がいいんじゃないかなと思って。僕から hatch と PG に声がけをして打ち合わせをしました。打ち合わせは Zoom でやりましたが、こういう状況下でもメロモンならば楽曲制作には支障が無いし、「一切集まらなくても出来るね、コレ。」というところで、制作したのが “BC/AC” という楽曲です。


ー タイトルの ”BC/AC” はどのように決めましたか?


3syk これは経済用語っていうか、ビジネスワードなんですけど、最近になって「ビフォーコロナ・アフターコロナ」って言葉がよく使われています。文脈としては、コロナ以前とコロナ以降で、どの様に消費者の意識が変わったりするのか?とか、行政はどうあるべきか?とか、生活様式はこう変わる!という感じ。それに紀元前紀元後を意味する「BCAC」をビフォーコロナ・アフターコロナに置き換えて、ビジネスシーンでは「とりあえずアフターコロナって言っておけ!」みたいにバズワード的な使われ方もされてて、目についたのでそのままタイトルにしました。


ー じゃあ AC/DC は関係無かったんですね(笑)。


3syk 意識はしてなかったですけど、確かに間に斜め線を入れたら、AC/DC じゃんこれ!みたいな感じで(笑)。


ー リリックを書く時に心がけた事はありますか?


3syk コロナのことを表現しようと思って書くんですけど、一過性の出来事にフォーカスし過ぎてしまうと後から聴いた時に古く感じたりとか、ピンとこないなーっていう場合があるので、普遍性も持たせながら「あの時の事を言ってるんだね」っていうような、そういう表現には気をつけました。あと楽曲の構成上として、僕のラップパートがあって次に PG のメロディーパートと交互に歌詞が展開されるんですけど、僕のパートのリリックでは「コロナ以前はこんな世界だったけど実際コロナの影響があってザワザワしてきて、コロナ後の世界はどう変わってくのか?きっと確実に変わるよね?」って感じの描き方をしているので、PG に対しては「僕たちは変わってしまったその後の世界をどう捉えていくのか?」を表現して欲しいってお願いをしました。そうしたら彼が素晴らしいメロディと素晴らしい詩でリターンを返してきてくれてですね、僕と hatch は素で涙したっていうエピソードがあります(笑)。


ー つまりコロナっていう大きな括りでは無く、もう少しテーマを絞って PG に投げかけてるって事ですね?


3syk そうですね。僕が「コロナの現状、コロ