kabu × hatch / インタビュー公開!


千葉ベイエリア発ラウドロックバンドTRAVEが代表曲である"FOR A FREE LIFE"のリミックスを配信。kabu(Vo.)とリミックスを担当したhatch(Mellow Monk Connection,空手コンドル)へのインタビューです。二人の出会いから本作に込められた意味や思いを語ってもらいました。

​interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2020.01.27



ー 本日はよろしくお願いします。

hatch Mellow Monk Connection(以下:メロモン)のhatchです、よろしくお願いします。

kabu TRAVEでボーカルやってます。kabuです。よろしくお願いします!

ー お二人の出会いは?

hatch 少し記憶が曖昧ですけど、渋谷CYCLONEでやったTRAVEとFATIMAのイベントに空手コンドル(hatchが在籍しているミクスチャーバンド)で呼んでもらったのがお初だったような・・・でしたっけ(笑)?

kabu えっと・・・自分の記憶だと、確か渋谷CYCLONEでのASHIGALのイベントで空手コンドルと初めて対バンさせてもらった様な(笑)。で、そのあとGARRET udagawaでFATIMAとウチのイベントに出てもらった記憶があります!とにかく、出会いは渋谷のライブハウスで対バンしたのがキッカケです!最初に齋藤さん(Hooky Recordsスタッフ)と話したのは確かGARRET udagawaで打ち上げの時に話した記憶があるんですよね。その日が空手コンドルとの初対バンだったような気がするから、齋藤さん、その日って覚えてます(笑)?

ー 覚えてますよ。ASHIGALL企画で渋谷CYCLONEとGARRET udagawaのサーキットイベントが初対バンですね。自分の質問に自分で答えてしまいました(笑)。

kabu 斬新なインタビューですね(笑)。やはり初対バンはASHIGALLのイベントでしたか!初めて空手コンドル観てカッコ良いなと衝撃を受けたので覚えてますよ!

hatch そっか、出会いはASHIGALLのイベントだったんすね!ホントにおれの記憶はあてにならないってよく嫁にも言われます(笑)。

ー TRAVEは何故、今回のリミックスをやってみようと思いましたか?

kabu 確か去年の1月だったかな。齋藤さんとTRAVEの活動について色々と意見交換をした時に、齋藤さんのアドバイスの中にリミックスというワードが出てきまして。TRAVEにとってリミックスというのは今まで考えたことも無い未知の領域だったんですよね。それでそういう違う形で作品を出すのも面白いかも・・・と興味が湧いてきまして。やってみようかなと。

ー 選曲はどのように?

hatch すっごい悩んだんすけど、最終的にはBPMで決めさせて頂いた感じですね。自分の中のタイム感とすごくフィットしたんで。

kabu "FOR A FREE LIFE"はMVにもなってる曲だし、もう1曲のMVである"NO LIMIT"と一緒にTRAVEの名刺代わりとなる曲だと思っているので、選んで頂いてとても嬉しかったですね。



ー リミックスの出来栄えは如何ですか?

kabu TRAVE的には自分達の曲をリミックスしてもらった経験が今まで皆無だったので、正直全くの未知数でしたけど、hatchさんにリミックスして頂いた曲を送ってもらって聞いた時はもう衝撃の一言でした。「全然違う!しかも超オシャレじゃん!」って。凄くカッコ良くリミックスして頂いて、自分的には大満足ですね!ありがとうございます!

hatch いやいや、こちらこそ大好きなTRAVEのリミックスをやる機会を頂けてもうめちゃくちゃ光栄です!個人的にもかなり気に入ってます!

kabu 自分はレゲエとかも好きで普段よく聞いてるんですけど、今回のhatchさんのリミックスはレゲエだったりダブだったりと、そっち寄りのアプローチを感じる事が出来てとても気持ちよく聴かせてもらってます!

hatch あざーす!ちなみにkabu君のTwitterのプロフにレゲエ好きって書いてあったんで、それで方向性は決めましたね(笑)。もちろんTRAVEのヘヴィなバイブスも損なわないようにブレンドしたつもりなので、気に入ってもらえて嬉しいです。

ー 今回のリミックスをするに当たってTRAVE側からの要望などは有りましたか?

hatch それは特に無くて、基本的にはこちらの自由にやらせて頂いた感じですね。ミックスの時だけkabu君とやり取りしながら、バランスの微調整をしました。あ、要望はない分プレッシャーはありましたよ(笑)。

kabu リミックスしてもらうのがhatchさんと知った時から、ウチの曲をどんな感じでいじってくれるのかというのも楽しみの1つだったのでこちらからの要望は特にありませんでした。リミックスについて口を挟むほどウチはうるさいバンドじゃないですよ(笑)。ミックスの時に少しだけバランスの希望を伝えさせてもらっただけです(笑)。

ー はい(笑)。

kabu 自分でも趣味程度でミックス作業とかをやったりして音作りやミックスの勉強をしてるんですけど、とにかくhatchさんの音作りが凄いっす!聴いてもらえたら分かると思うんですけど、細部にまで拘って頂いて。音場って言うんですかね。スピーカーからの音を聴くと左右それぞれに色々な音が散りばめられていて、かなり臨場感たっぷりなトラックになっていると思いますよ!

hatch 恐縮です(笑)!けどそう言ってもらえるのは嬉しいですね。毎回試行錯誤はするんですけどミックスは自分なりに拘ってますね。左右の広がりと奥行きと。そしてEQがねぇ、とにかく奥深いんすよ!沼です、沼!ミックスに関してはホント今回は特に拘りました。何せTRAVEのリミックスですからね!お陰で個人的にも過去一くらいの仕上がりになったかなって自負してます(笑)。

kabu ミックスは拘るとマジで沼ですからね(笑)。自分はいつもその沼に溺れて死にかけてますけど(笑)。でもどんなに溺れ死にしそうになってもまた沼に飛び込みたくなるんですよね!本当はもっと具体的に、例えばそれぞれの音色のどの辺りの帯域をどういじってやっているのかというのをじっくりhatchさんに聞いて教えてもらいたいんですけど、そうするとこのインタビュー自体が沼にハマってしまいそうなので、それはまた個人的に伺いたいと思います(笑)。



ー 折角なのでリミックスに関する質問どうぞ!

kabu ウチのリミックスに限らず、どういった感じでトラックの方向性を決めるのかとか凄く興味ありますね!今回のウチの時は自分の好みを取り入れてくれたみたいですけど、じゃあレゲエのテイストを取り入れようと思ってそのテイストのトラックを作れるというのは普段hatchさんがいかに年代を限らずに幅広く音楽を聴いてるかというのも垣間見れてとても感心してしまいました!

hatch 僕はリミックス作るとき、まずオリジナルのBPMとメロがある場合はキーに合わせてサンプル音源を適当に組み合わせて下書きを作るんですよ。で、そこからイメージを広げながら打ち込みとか演奏、あと持ってる音源に差し替えていくってパターンが最近の傾向ですかね。

ちなみにもう15年くらい経つかな・・・かなり遡るんですけど、3年くらい奈良に住んでた時期がありまして。そこでDJしたりトラックメイクしてる友達と知り合ったんですが、彼らめっちゃ音楽を掘るんですよね。そしてめっちゃ詳しいんですよ。で、よく一緒にレコードを掘りに行くようになって、色々教えてもらってそこから結構広がりましたね。Jazz、Soul、Funk、Latin、Raggae、Dub、、、歌謡曲なんかも、とにかく掘りまくってはサンプリングしてビート作る、みたいな遊びをよくやってました。で、そこにラップのアカペラ被せたりして。この辺が今やってることの原点かもですね。

なので、そんなノリで今回のリミックスも、下書き聴きながらkabu君のメロにあの曲のあのフレーズはまるじゃん!とかあのベースラインはまるじゃん!とか脳内サンプリングしてたんです。ただ、もろサンプリングじゃ流石にまずいかなってのもあったので、オマージュという名の下にそっとネタを忍ばせた感じですかね。一応、テーマはダビーでサイケなBlack SabbathとTRAVEの融合でした。

kabu そういう背景があるんですね!今回のベースラインもあのメロディにバッチリハマってて、「hatchさんやっぱりスゲェなぁ」ってただただ感心しっぱなしでしたもん。個人的には本当にここだけの時間じゃ全然足りないすね!DTM好きとしては使ってるソフトとかもこっそり聞きたいし、サンプリングしたネタでフィンガードラムで遊んだりとか興味あるし、その辺はまたゆっくり個別に話しましょう!てか、その辺のhatchさんのバックボーンを知った上でウチのリミックスだったりhatchさんのリミックス作品を聴いてみると、より作品に深さが増して来てまた違った感じで楽しむ事が出来ますね!なるほど。ありがとうございます!

ー では最後に今回のリミックスをどんな人達に届けたいですか?

kabu どんな人達?!そうですね。まずはTRAVEを知ってる人達には聴いてもらいたいですね。あとはTRAVEを全く知らない人でもリミックスを聴いて、少しでもオリジナルに興味を持ってくれる人が居たら良いかなと。つまり、今回のリミックス音源を知った人達全員にはマストで聴いてもらいたいって事ですかね!

ー 沢山の人達に届くように皆で拡散頑張りましょう!

kabu そうですね!頑張りましょう!

hatch ホント、ジャンルを越えて聴いてほしいですね!



LINK:TRAVE プロフィール

LINK:Mellow Monk Connection

LINK:空手コンドル


© 2016 Hooky Records