Komatsu / インタビュー公開!


新世代王道エモーショナルバンド No.13 のリーダーにして、全ての楽曲を制作するコンポーザーでもあるKomatsu(Gt.)に2nd Single「Sunrise」リリースを記念してインタビューをしました。

​interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2019.05.13



ー 今日はよろしくお願いします。

Komatsu よろしくお願いします!!

ー 今回は初の単独インタビューなので根掘り葉掘り聞いちゃいます。

Komatsu よっ!

ー 新メンバーのRyoyaが加入して約半年ですが現在のバンドのコンディションは如何ですか?

Komatsu いい感じだと思います。僕は技術とかライブの上手さとかを実はあまりシビアに見ていなくて、上へ上がる方法は自分がいい曲を作る以外にないと思ってるので、技術やライブの上手さは後からついて来ますからこのままいけばいいと思ってます。

ー 仲良さそうですよね。

Komatsu あまりお互い干渉しないのでそう見えるのかもしれませんね。

ー バンドで上を目指すために集まった4人なので友達とは違いますかね。

Komatsu そうですね、性格も笑いのセンスもバラバラなので(笑)。



ー 小さい頃はどんな子供でしたか?

Komatsu 小さい頃は元気なサッカー少年って感じでしたが、小4あたりから人見知りで控えめな感じになりました!サッカーは小中9年間やっていました。ちなみに小1の頃から漫画を描いて、最初の作品のタイトルは「幽☆遊☆白書2」で友達に見せていたりして、中2の頃は本気で漫画家を目指していました。ジャンプの新人賞に投稿したり。

ー 思いっきりパクってる!ってか続編!?

Komatsu そうですね(笑)。今の世の中はパクリは悪いこととされていますが、パクったら色んなことが吸収できるので若いうちはどんどんパクった方がいいと思うんです。漫画でもサッカーのフェイントでも音楽でも今までそうして来ました!大人になってからはバレないようにパクる!No.13の曲も実はすべてモデルの曲があります。

ー Komatsu君のフィルターを通す事によってオリジナルになると思いますよ。

Komatsu そうですね!音楽はやり尽くされたと嘆く人もいますが、今はすでにたくさんの教科書があってその中から選び放題なのでこの時代に生まれて良かったなと思います。なので後に産まれた人の方がいい音楽が作れると僕は思います。未来のミュージシャンに今から嫉妬してしまいますね。

ー どのように作曲してますか?

Komatsu 基本的にサビのメロディを一番最初に考えています。バイト中にメロディを考えてこっそり裏に行って録音したりとか、ギター弾きながら勢いでメロディ口ずさんだりとかですね!イントロだけ決まっててそのキーでサビを作るという場合も稀にあります。オケ(メロディ以外の伴奏)を先に作るのは一度もやったことがありません。メンバー全員で作るとかも結局まとまらないのでやったことがありませんね。

ー No.13のメロディって現代的であると同時に普遍的ですよね。

Komatsu 確かに、僕は人類が全員いいと思うメロディや曲を探しているので普遍的な音楽を目指しています。今のところシンプルな音楽が一番かっこいいという事と、3度4度と7度8度の半音を上手く使ったメロディが人に哀愁を感じさせるということは確信しています。

ー どのようなアーティストに影響を受けましたか?

Komatsu 影響を受けたのはMr.Children、ONE OK ROCK、ELLEGARDENとかです!

ー いつぐらいから楽曲制作を始めたのですか?

Komatsu 中3の頃から作りたい