top of page

タンクボール / キャラメルパンチ シングル リリース インタビュー!


コロナ禍での新たな活動として立ち上げたサブYouTubeチャンネル「塩で焼いて唄う」関連でのリリースを除けば約3年ぶりとなるシングル2作品を配信したキャラメルパンチ。ベーシストとしてバンドサウンドのみならずマネージメントにおいてもバンドの屋台骨を支えるタンクボールのインタビューです!


interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2023.01.21


 


ー 自己紹介をお願いします。

タンクボール キャラメルパンチBa.のタンクボールです。よろしくお願いします!

ー シングルを2タイトル続けて配信しました。今の率直な気持ちを教えて下さい。

タンクボール 嬉しいですよね。やっぱり。ホッとする思いと嬉しさと(笑)。ありきたりな答えで申し訳ないんですけど、心血注いだものが人の手にわたってそこでまた聴き込まれていろんな感想をもってもらえるのはなんとも言えない嬉しさがあります。

ー 「塩で焼いて唄う」というセルフレコーディングのプロジェクトから一転。久々のレコーディングスタジオでの作品作りはどうでしたか?

タンクボール 期待に添える回答じゃないと思うんですが、音楽的な話で言うと、ベースに関しては「塩で焼いて唄う」で培ったアレンジとかアプローチを敢えて捨てて挑みました(笑)。捨てるというか今までの枠をはみ出していくというイメージですかね。大変でしたけど結果とても満足してます。

ー ”挑戦者” は ”カギリナイミライ” に続く國學院大學陸上競技部の応援ソングです。ベースプレイで意識した事は何ですか?

タンクボール 躍動感と、荒々しくぶち破っていくようなベースラインにしたいなと思っていました。デモの段階で「暴れだす心臓が叫んだ」っていう歌詞のフレーズが頭にスパーンと入ってきて、初めから自分の中での大テーマはそれでしたね。石井節来たなと。いいなと。

ー “挑戦者” はコーラスワークも特徴的ですね。

タンクボール ですね。そこは今までの作品とは大きく違うところだと思います。新たな試みでしたね。

ー 次に ”ボクノアシタ” についてお聞きします。初めて聴いた時にどう思いましたか?

タンクボール この曲はこれからのキャラメルパンチの大事な一曲になるなと率直に思いましたね。

ー 石井君からデモが届いた時点で完成されていた感じですか?

タンクボール 歌とGt.パートの骨格ができている状態ですね。あとは各々のパートをどうアレンジしていくかってところをスタジオ入ってメンバー間で詰めていくという感じでしたね。

ー 順調でしたか?

タンクボール 個人的には難しかったですね。そこそこ長くやってくると、ある程度自分の型とかクセとか得意なフレーズとかあるんですが今回その枠を越えたものを作りたいと思ってたんで相当悩みました(笑)。

ー しっかりフレーズを作り込んでるなと思いましたよ。

タンクボール さすが社長。僕の弾いたフレーズとメンバーそれぞれの意見の間で、作っては修正してまた作っては修正してを何ラリーも繰り返してようやく出た答えが今のベースラインになってますね。なので完成に至るまでプリプロ段階の音源を何百回と聴いたんじゃないかな。寝ても覚めても(笑)。手がかかった分、可愛さも何倍ですよ。




ー ”挑戦者” と ”ボクノアシタ” は既にライブで披露されています。どうでしたか?

タンクボール うまく言えないんですが、これまでの曲たちともまた少し違ったテイストの空気を出せている印象がありますね。聴いてくれているお客さんたちの反応を見ても。まだまだやりこんでいくうちに育っていきそうな気がして楽しみです。

ー 最近、インスタLIVEに挑戦しました。感想を教えて下さい。

タンクボール インスタLIVEは初めてというのもあってまだまだイチから試しながらだったんですが、ライブハウスのライブとは違ったものを表現できる印象ですね。やっぱりライブハウスでのライブでは一番良い音、良い演出、良い流れで聴いてもらいたいなと思うので、バンドとしてカッチリ練り込んでいくわけです。当然そこがバンドの一番表現したいものが詰まってる場所です。それとは対照的に、インスタLIVEはある種のゆるさや自由さも混じえながらやれるので、キャラメルパンチってふだんこんなんなのよってのを表現できるなあと思いました。あとはコメント拾うのが追いつかなくて(笑)。普段みなさんが曲やバンドやライブ、または日常でどんな事を感じてるのかとかなかなかこうやってやりとりできる機会もないので、もっとコミュニケーションとりながらやりたいですね。

ー 普段のライブとは違ったコミュニケーションが取れるのはファンとしては嬉しいと思いますよ!

タンクボール ぜひみんな気軽にコメントしたりしてくれると嬉しいですね。こちらも気軽に返してますんで(笑)、ホント楽しみ方は自由でOKです。観るだけも良し、コメントするも良し、一緒に歌うも良し、ラフに楽しくいきましょう。



ー 他にキャラメルパンチとして挑戦してみたい事はありますか?

タンクボール 具代的にコレっていうのは今ちょうどメンバーで話していて挙げたらここに収まりきらないんですが(笑)、大きい括りで言うと、いろんな概念に囚われずにやりたいってのを思ってます。音楽やバンドはこうあるべき、ライブや伝え方はこうあるべきみたいなのを取っ払って、まずは何よりキャラメルパンチを聴いてくれる方が楽しんでもらえるようなものを出していけるようにしたいと思ってます。なので意見やリクエストとかもバンバン欲しいですし、もし言いづらかったら匿名でメール送ってください(笑)。

ー 皆さん匿名メールお願いします(笑)。

タンクボール というのもそこそこ続けてきて思うんですが、もちろん譲れないバンドの根っこみたいなのはあるんですが、自分たちが勝手に決めつけてる部分とかもたくさんあると思ってて、それって自分たちだけで気付くってなかなか難しかったりするんですよね。そうなると結局進化しないんです。なので2022年はメンバー間でも積極的に新しい知見を取り入れたり、SNSに詳しいスタッフが協力してくれたりでまた新しいモノが見えるようになったりしたんですよね。常に柔軟に、そして寛大に、遊びをもって。話が飛んでなんかデカくなっちゃいましたが笑、それが今の思いですね。



ー さて、ここからがメイン?の質問です。最近、ウズベキスタン共和国に行ってきたらしいですね?

タンクボール メインこっちか(笑)。はい、15日間かけてウズベキスタン縦断の旅をしてきました。現地にどっぷり浸かってたのでまだ日本での生活に違和感が(笑)。

ー 楽しめました?

タンクボール 楽しすぎて帰ってきたくなかったですね。毎日何かしらのトラブルかハプニングに巻き込まれてましたが(笑)、その分またエキサイティングだったので。というのも今回、僕のウズベキスタン人の友達が現地にいるお兄さんを紹介してくれて、現地で落ち合って旅の半分くらいの日程を同行してくれたのも大きかったです。観光客では入れないエリアもガンガン入ってディープなところを連れ歩いてくれたんで、本当に充実してました。



ー いかにもタンクボールが好きそうな展開ですね。



タンクボール どこ行ってもそうなんですが、観光用じゃなくてリアルなところが見たいんですよねえ。彼がそのまた仲間や家族を紹介してくれたり、親戚の結婚式に出席しちゃったり、なぜか乗り合わせただけのタクシーの運ちゃん家に泊まることになったりハチャメチャな事ばかりでしたが、登場人物が全員最高で本当に人との出会いがキーになった旅でした。








タンクボール 昔からずっと中央アジアに行きたかったんですよ。元をたどれば小さい頃からラクダとか砂漠とかキャラバン隊の絵が大好きでした。授業中とかもよく中東とかアラブあたりの地図を読み込んでたんですよね。幼いながらにロマン感じてたんでしょうね(笑)。だんだん歴史を調べていくうちにシルクロードのちょうど真ん中の中継地として機能してきた場所なので文化も奥深くておもしろくてさらに興味がわいてきて、最近はウズベキスタン人の友だちもできて下準備万全って感じで満を持して旅立ちました。なので実際にシルクロードに降り立った時は感動しましたよ。ある種、子供のころからの夢でしたし。ここが三蔵法師も歩いた道か。。。とか。壮大な歴史を感じましたね。

ー 確かに少年心を擽るやつですね。

タンクボール あとイスラムという文化圏にもずっと行きたくて。それもあったりなかったりでここ何年かの飲み会は9割方、新大久保にあるイスラム横丁っていうエリアで飲んでましたし、いろいろ高めてました(笑)。そこで現地出身の人から情報をもらったり、調べてアタマに叩き込んでから行ったので理解度もかなり深まったと思います。



ー なるほど。旅に出る前に基礎となる知識があったんですね。



タンクボール これまでヒンドゥー教、仏教、キリスト教の国は経験済みだったんですがまたそれとは全然違くて。独特の静けさとか厳格さがあって、時間の流れ方も含めて本当に自分の好きな空気でした。彼らは人生観や生活すべてのベースにイスラムの教えがあるのでそもそも全然違いますよね。それをひとつひとつひも解いて教えてもらうと全部に理由があって本当に深いんです。同じ生活をして同じものを食べ、彼らと共にできたのは自分にとってとても貴重な体験でした。あとイスラムの建築物のデカさにも感動しましたし、ずっと見ていられるくらい飽きなかったですね。結果、2週間もいたのに全然時間が足りなかった(笑)。








ー シルクロードってどんな感じでした?

タンクボール 一般的に考えられているイメージとは少し違うかもしれないですね。昔シルクロードだった道が今は舗装されて普通の幹線道路になって車が走ってたりするんで。シルクロードって聞くとなにか凄い道があるみたいなイメージあると思うんですが。まあこれも場所によって全然違うでしょうし、いろんな国で見てみたいですよね。

ー なるほど。シルクロードも整備されたりしてるんですね。

タンクボール ただ、写真①にもあるように一本の道が広大な砂漠の中をずーっとまっすぐ地平線まで続いてるような景色はなかなか見れないし、やっぱり感動しますよ。写真②も昔のシルクロードですがもうすぐこの先は隣国のキルギスです。更にその先に中国があってまたずーっと繋がってるんですよね。よくもまあこんなとんでもない距離を歩いて旅していたなと自然と思いを馳せてしまいますよね。シルクロードの話長くなるのでこの辺にしときますよ。本もめちゃめちゃ読んできたので(笑)。オススメは高野秀行 著「西南シルクロードは密林に消える」です。読んだら今すぐ旅に出たくなると思いますよ(笑)。



写真①
写真②


ー では最後にキャラメルパンチを応援してくれているファンへメッセージをお願いします。

タンクボール 今年も色々あると思いますが、「ああ、またなんかやってんな〜」っていうぐらいの優しさでお付き合いください。そしてこんな謎のインタビューを最後まで読んでくれたあなたは奇特な存在です(笑)。ありがとうございます。



 

タンクボール

キャラメルパンチのベーシスト。

コアな文化をこよなく愛し、世界の混沌をめぐる旅を好む。

またインドで食べたビリヤニ(米料理)に衝撃を受け、以降大半の飲み食いをイスラム横丁(アジア食材街@新大久保)で過ごす。

衣食住いずれも野生味溢れるものに目がない。

とりあえずやってみる、食べてみる。を信条とする。


​LINK:キャラメルパンチ プロフィール

LINK:Twitter

LINK:Facebook

閲覧数:83回
bottom of page