O.K.Z. / インタビュー公開!


東京のインディーズシーンにおいて20年以上にわたり様々なバンドでギタリストとして、またイベントの企画者として活躍するO.K.Z.。コロナ禍において悩みながらも歩みを止めない。そんな彼に何を考え、どう行動するか。また、この先をどう見てるか、話を聞いてみました!


interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

photos by みお

2021.02.26



ー では宜しくお願いします。


O.K.Z. O.K.Z.です。よろしくです!空手コンドル、Malignant Co.、No Returnでギタリストとして活動しています。また各バンド名義でのイベント企画などもやっています。


ー コロナ禍で家で過ごす事が多いと思いますが、何をして過ごしていますか?


O.K.Z. YouTubeやサブスクで新しい音楽探したり、映画観たり、本読んだり、ゲームしたりとインドア満喫してます(笑)。もともとインドア派のため、このコロナ禍ではそのための時間が出来たと思って過ごしてます。


ー SNSで映画の感想を書いてますよね。印象に残ってる作品は有りますか?


O.K.Z. コロナ禍でオンラインで映画をたくさん観ているので、その記録のために書き始めました。いっぱいあって選べないのですが、SF、ビジネスもの、サスペンス/スリラーが最近ツボですね。自分のTwitterを「映画 ★★★★★」で検索してもらえれば、自分が高評価つけたタイトルが出てきます(笑)。


ー 音楽は最近のお気に入りはなんですか?Guns N' Roses以外で教えて下さい(笑)。


O.K.Z. Guns封じられた(笑)。最近よく聴いてるのはStone SourとCreepy Nutsですね。Stone SourはSlipknotのボーカルの別バンドで何回かライブ観たことがあるのですが、コリー・テイラーの魅力と、ヘヴィネスとメロディのバランスの良い楽曲が好きです。


ー Creepy Nutsは意外ですね。


O.K.Z. Creepy Nutsは昔から知ってたけど、昨年末くらいからなんかのきっかけでちゃんと聴き始め、ハマりました。家でNintendoSwitchのカラオケができるので挑戦しましたが難しすぎて全然歌えないので、毎週練習してます(笑)。


ー 練習してるとは(笑)。


O.K.Z. あとはChildren Of Bodom。メロディックデスメタルというジャンルの中では特に好きなバンドだったので、ギターボーカルのアレキシ・ライホが亡くなったニュースは衝撃的で、アルバムを一から聴き直してました。メタル繋がりだと、SNSで先輩バンドマンが紹介してたDying Fatusというデスメタルバンドが超カッコよくてテクニカルで最近のヘビロテです。





ー あとは何かしてますか?


O.K.Z. 音楽活動だと、宅録で思い付きのもフレーズをちょこちょこ録り溜めたり…これは特に発表する予定はないのですが、DAW(宅録ソフト)の使い方とかの勉強を兼ねてですね。あとは家族と過ごす時間が単純に増えたので、そこもありがたいです。


ー 以前、ソロ作品で「ひとりメタル」って有りましたよね?もう一回どうですか(笑)?


O.K.Z. ソロ作ったのは楽しかったですね〜。実は「ひとりメタル2」の構想はずっと頭の片隅にあって、それに向けても色々とネタを溜めています。しかし、「ひとりメタル」を出した2005年よりも、世間では宅録環境も凄く一般化かつグレードアップしており、なんだかハードルが高くなってきています。下手なもの出せないぞと(笑)。


ー そうですね。


O.K.Z. 特に昨年はコロナ禍ながら空手コンドルも活動していたので、自分一人で作品を作るというモチベーションがそこまでわかなかったというのが正直なところです。ちょこちょこ遊びで作った曲はありますが、自信をもって公開できる作品を作るとなるともう少し時間かかりそうです。と言ってるうちにまた周りの環境が変わってついていけなくなる気もするので、今年は1〜2曲でも良いからライブなど出来ない期間に自分の作品を公開できるようにしたいと思います


ー では、ここでオファー出しておきます。マスターお待ちしてます(笑)。


O.K.Z. そういうオチか!(笑)。



No Return


ー O.K.Z.と言えばイベントの企画、頑張っていますよね。


O.K.Z. 空手コンドルでは「道場破り」、Malignant Co.では「マリグ☆ナイト」、No Returnでは「子煩悩」という企画をそれぞれやってます。それぞれのバンドのカラーに合わせてブッキングをしているので、自分がブッキングしても各イベントは全然違うカラーになっているのが、自分でも面白いなーと思います。ここ数年はそれぞれのバンドの活動ペースにあわせて、「道場破り」以外はあまり開催していませんね。もっとやりたいんですが、準備などの負荷が結構高く、なかなか若いころのように頻繁にできなくなってきました。


ー そうなってきますよね。


O.K.Z. 若いころの話をついでにすると、かつてNEVERFEARというバンドで「TOKYO FIST」というイベントをやってました。「TOKYO FIST」は自分がNEVERFEARに在籍していた1996年から2004年までの間に43回開催しましたが、その他にもいくつかコラボ企画やサブ企画をやったり、今考えると結構無茶なスケジュールで動いていましたね。ただしイベントを組む要領というのをこの時代に自分なりに確立したので、有意義な経験ではありました。


ー 沢山のイベントを企画してきた動機は何ですか?


O.K.Z. NEVERFEARで活動開始した当初は、ライブと言えばライブハウスのブッキングライブがメインでした。その中で知り合ったバンドにイベントに呼ばれたことにより、NEVERFEARとして「自分たちも自分たちで企画やりたい」となったのが最初のきっかけです。で、企画をやるとなると必然的に自分たちがトリになるので、その企画が「自分たちの場所」みたいな形になり、今までとライブに対する意識も変わって来ました。これまでは自分の出番だけに集中していたのが、出演順によるライブ全体の流れを考えるようになったのは大きな変化でした。


ー なるほど。企画者O.K.Z.の誕生ですね。


O.K.Z. 出演してもらったバンドたちのイベントに呼ばれ、そこで新たなバンドと知り合い、またそのバンドを自分たちのイベントに呼んで…と知り合いがどんどん増えていくことで自分たちのコミュニティが広がっていく面白さもありました。さらにレギュラー的に何度も出演してもらってるバンドと親密になっていくことで、イベントとしてのオムニバス音源を作ったり、コラボイベントなど新たな発想が生まれたりと、活動の幅が広がっていきました。


ー 聞いてるだけでワクワクする話です。空手コンドルの「V.A. / 道場破り」もそうですね。


O.K.Z. はい。そのようなバンド間の繋がりや関連する活動について、観に来てくれたお客さんも認識してくれ、目当てのバンドだけではなく関連するバンドにも興味を持ってもらうという良い連鎖が発生し、いわゆる「シーン」みたいなものが生まれているのも感じました。これらのことが自分のなかでバンド活動をする意味や楽しさの源泉となってきており、今でも「バンド活動」と「イベント企画」はある意味セットになっているのが、イベント企画する大きな動機の一つになっていると思います。



Malignant Co.


ー 思い出深い企画は有りますか?


O.K.Z. これは、と一つには決めきれないですね〜。音源の発売記念イベントだったり、地方開催だったり、何十回記念だったり、解散ライブだったり、再結成ライブだったり、今はもう有名になったあのバンドが出てくれた回だったり…。これまでの履歴を一つ一つ見ながらその回の思い出を語る会を4時間くらいやりたいくらい(笑)。今度そういう配信をやっても良いかもしれない、と今思いました。あ、ちなみに自分が開催に関わったイベントはすべて記録してあるし個人のWebサイト(https://okz-web.com)に履歴も掲載しているので、興味のある人はアクセスしてもらえると良いかと。


ー 個人的にも数々のO.K.Z.企画を観てきましたが、インパクトで言うとO.K.Z.40歳誕生日イベントですかね。NEVERFEARを観れた事とお面(笑)!


O.K.Z. あれは誰のためでもない、完全に自分のための企画です(笑)。しかしNEVERFEAR、CULT OF PERSONALITY、熊猫xiongmao、ソロホーマーと、2016年の当時に活動を停止していたバンド達に、1年以上前から相談・交渉して出演してもらいました。それによりスペシャル感を出して出演者もお客さんもいつも以上の「非日常」を感じてもらったと思います。やっぱりライブハウスってある種の「非日常」を体験する場だと思うので、如何にしてそのイベントの日を「特別な日」にできるかというのは毎回の課題ですね。ちなみにお面は仲間がシークレットで作成・準備してくれました。こういうことがあるから前に回答した「シーン」のような繋がりが出来たのはとてもありがたいです。


ー 個人的にも「特別な日」でした。


O.K.Z. そうですね、あの日は自分でも特に「特別な日」をうまく企画できたと思います。現在ではライブに行くことがより「特別」になってきているので、コロナ禍におけるライブやイベントが細々とでも出来ることは大変貴重だと思います。



40.K.Z. フライヤー