Zangief Zangief / インタビュー公開!


コロナ禍で緊急事態宣言の真っ只中である2020年5月。こういう状況でも、いつも通りの安心感。オシャレ激しい社会人インストバンドZangief Zangief、約1年ぶりのインタビューです!

interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2020.05.28



ー 本日は宜しくお願いします!元気ですか?!

東 よろしくお願いします!

堀田 よろしくお願いします!

土屋 元気にやっております!

ー コロナ禍ですが、元気そうですね!

堀田 仕事はありがたいことに忙しいですが、休日はほぼ外出しないため、楽器に触れる時間が取れてて良いと思います!前より練習してます(笑)。

土屋 私も同様にありがたくお仕事させていただいております。

 在宅勤務にもすっかり慣れた今日この頃ですねー。堀田の言う通り楽器は自主練習の好機なので取り組みたいと思っております!

ー 自粛中にハマっている事ってありますか?

土屋 私は料理、筋トレ、自転車ローラーですね。

東 家で過ごすことが多くなったので、家庭菜園とバーベキューにはまっています!バーベキューは先月は3週連続でやったこともありました。畑はミニトマトがもう少しで収穫できそうです。

ー 現状の中で「楽しもう」という姿勢が見られますね。

 いかに家の時間を楽しむかになるのでしょうね。堀田はギター自主練(笑)?

堀田 ギター自主練と称してアイドル曲の耳コピしてました!

ー バンドの活動状況は如何ですか?

東 今年に入ってからJack cloud 9さん主催のイベントに出演させていたのですが、ライブはそれ以来です。こういうご時世(コロナ禍)なので、今はほとんど活動できていませんね、、、。基本的にスタジオでジャムって曲をつくっていくスタイルなので、今のうちに新曲を作っておくということも中々できず。1st Mini Album「イントロ」の中の "Percy" などはつっちー(土屋の愛称)がラフを作ってきてくれて、それを各自アレンジして曲に仕上げたので、そういったラフがあれば曲作りは進められるかもしれませんね。つっちー、どう(笑)?

土屋 曲作りは平時からコンスタントに取り組んでいまして、もちろんこのご時世においても前向きに新曲と向き合っております!



ー 約1年前に1st Mini Album「イントロ」の音楽配信を行いましたが反応有りましたか?

堀田 ありました!国内だけでなく海外でもストリーミングやダウンロードされていて、すごく嬉しかったです。擦り切れるくらい?!聴いてほしいです!

土屋 以前は「イントロ 」のCDをライブ会場限定で配布していたのですが、配信によりたくさんの方が聴いてくださり、大変ありがたいことに各方面から好評いただいております。

東 ライブに来てくださる方で、ご自身のiTunes視聴履歴ランキングNo. 1にザンギエフが来てる方がいて。本当にありがたいことですね。

ー それぞれに反応があって励みになりますね!

土屋 はい、とても励みになります。このバンドは自分達が楽しむためにやってはいるのですが、色んな人の期待に応えたいという気持ちがとても強くなりました。