石井ユウジ / インタビュー公開!


2020年4月、新型コロナウイルス感染症により世界の状況は一変した。石井ユウジ(キャラメルパンチ)は何を考え、何を行動するのか。若干の脱線を含みつつの単独インタビューです!

interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2020.04.29



ー インタビュー始めますね。宜しくお願いします。

石井ユウジ お願いします!

ー 元気ですか?!

石井ユウジ 色々ありますが、とりあえず元気だと思います!大丈夫です!

ー 現在、世界中が新型コロナウイルス感染症で大変、混乱していますが生活に影響は出ていますか?

石井ユウジ はい。活動の全てが自粛となってしまったので、ほぼ引き籠るばかりの毎日となってしまいました。

ー 自粛の日々に何を感じていますか?

石井ユウジ 僕らみたいな音楽人間は病気も治せないし、レジ打ちも配達もできないから「一体自分に何が出来るんだろう?」って歯痒くなってます。みんなが外に出なくても楽しめるようなコンテンツに自分もなりたくて、とにかく模索しています。

ー こういう時こそ「音楽の力」が必要だと思いますよ!

石井ユウジ はい。ただ、やむ無く自宅に籠もっている人には確かに必要だとは僕も思います。だけど実際に体調が優れなかったり危険にさらされている人達からしたら、"こんな時に何て呑気なことを"って思うかもしれないと僕は感じていて、そういう配慮も考えなきゃなって。

ー なるほど。色々思い悩む事があったんですね。

石井ユウジ そうですね。実際に先日、「 #桜ソングで繋ごう 」っていうバトンが渡ってきたんで、思い出深い一曲を選んで実際にTwitterにアップしたんですが、アップした後に「これなんか違うな」と感じたんです。自宅待機を強いられてるから、みんなでSNSで楽しもうって考えは間違っていないので、純粋に楽しめる人ならば、それはそれでアリなんでしょうけど、僕はアーティストとしてライブハウスも路上も取り上げられた今、このSNS上のムーブメントをただのお祭り騒ぎのお遊びと捉えて中身の無い音を発信してしまうのはなんか違うなって思ったんです。

ー なるほど。

石井ユウジ こんなご時世ですから僕にだって少なからず伝えたいメッセージはあります。ならば他人の歌なら自分自身の熱い想いを乗せられるもの、そうでなければ自分自身の歌で曲でやるべきじゃないかなって。だから僕はYouTubeを中心に自宅でみんなが楽しめるように、少しでも退屈が紛れるように願いを込めて毎日ひとつは動画を上げていこうと努めています。

ー 毎日って結構、大変じゃないですか?

石井ユウジ 確かに映像によって、かかる時間も違うので、毎日っていうのは物理的に無理なこともあると思うんですが、やれる限りはやりたいんです。僕は家の環境からして在宅でSNSの配信ライブはできそうにないので、なんらかの形で1日1曲を配信したい。それと今は純粋に音楽に触れられる毎日が楽しいです。逆にずっと求めてきた生活が今あるようなものです。情けないですが(笑)。映像撮ったり編集する合間に気分転換でピアノの練習とかもしてますよ(笑)。今しかできないことや今だからやるべきことを自分なりに考えて、誰かの為、自分の為になるように時間を使いたいですよね。

ー 新曲は作っていますか?

石井ユウジ 作ってないわけでは無いんですがアイデアを溜めています。このあいだアー写(アーティスト写真)を作って、今は発信することに集中してるんで、次のターンが新曲制作って感じですかね。最近ウズウズしています(笑)。

ー 新しいアー写カッコ良いですよね〜。戦闘モードな感じが伝わって来ます。

石井ユウジ 良かったです!基本、いつでも戦闘モードでいたい気持ちが表現できましたかね。今年のテーマのひとつに " 良い被写体であれ " っていうのがありまして、映像や写真にも拘っていきたいんですよね。最近はtak君(Twitter)っていうカメラマンと色々意見を交わすことが多くて、いいアイデアを持ってきてくれるんですよ。みんなでキャラメルパンチを作っている姿が戦闘モードという空気感を生み出したんでしょうね(笑)。



ー スタジオも入れない状況だと思いますがメン