yoshiken & 4v8 / インタビュー公開!


衝撃的な1st Mini Album「FIVE LOW」でラウドロックファンを歓喜させた、千葉ベイエリア発ラウドロックバンド『TRAVE』。そのサウンドの要となるギタリスト二人にインタビュー!

​interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2019.08.22



ー 今日はよろしくお願いします。

4v8 はい、TRAVE の下手ギター担当の 4v8 です!

yoshiken 上手ギターの yoshikenです。

ー 1st Mini Album「FIVE LOW」のリリースから早いもので一年半経ちましたが振り返ってみてどのような作品ですか?

4v8 ホントに素晴らしい作品に仕上がりましたね、他人事見たいな言い方ですが(笑)。Studio NESTのナオキさんには感謝ですね。

yoshiken もう一年半経ったんですね。「FIVE LOW」はTRAVEにとって初の全国流通でしたし、曲作り、編曲、レコーディングなど、めちゃくちゃ気合い入れて完成させたアルバムなので、とても思い入れ深い作品です。

ー 今でも聴いていますか?

yoshiken 「FIVE LOW」は今でも聴いてますよ。車の中で聴くのが多いかな。今の時代、CDが手元に無くてもスマホで聴けちゃうんですもんね(笑)。たまに聴くと、今だから気付く事があると言うか、「もっとこうすれば良かった」とか、「次のレコーディングはこうやってみるか」とか次のレコーディングに役立ちそうなアイデアも出てくるんですよ。「FIVE LOW」も当時、全力を出し切って作った作品だし、思い入れが強いので、定期的に聴いちゃうんですよね。

4v8 俺も聴いてますよ!「あーTRAVEカッコイイなー」って他人事のように(笑)。でも「FIVE LOW」がカッコイイだけにTRAVEはライブを体感して頂きたいのが一番だと思っております!音源なりMVなり少しでもTRAVEに興味を持って頂けたなら我々のライブを観に来て頂きたいです!!なので先ずは「FIVE LOW」を聴いて頂きまして、TRAVEのライブではしゃぎましょう!ホントライブはカッコいいから!MC以外(笑)。





ー ここからはギターについて聞いていきたいと思います。お二人のパートはどのように役割分担してますか?

4v8 大まかに言っちゃえばyoshiken君がリード多目だよね?俺がバックに徹する感じです。もっと大まかに言っちゃえば面倒くさいパートがヨシケン君、俺は楽してます(笑)。まぁ、我々はハモる事も多いですけどねー。

yoshiken そうですね、4v8さんがバックで刻んで、俺が上物を弾く。いつの間にか自然とそんな振り分けになってました。俺は細かくて面倒なの弾くのが好きなんですよ(笑)。ハモリに関しては4v8さんが必ず主旋律を弾いてます。これもいつの間にか決まってましたね。

4v8 うん、主旋律よく分かんないけどね。でもyoshiken君とハモるパートって気持ち良いよね!リハでハモる時、気持ち良いんですよ!あっ!yoshiken君、俺を求めてるんだなって。しかしyoshiken君、最近ピッチシフターなエフェクターに浮気気味で嫉妬を感じております。リフのハモりもTRAVEの聴かせポイントになってるんじゃないかと、、、。上からでゴメンなさい(笑)。

ー ヘヴィなリフはTRAVEの個性になっていると思いますよ。

yoshiken ありがとうございます。ヘヴィなリフ、サウンドに関してはバンド結成時から一貫していて、それを軸に曲を作り上げているんです。メンバー全員の共通点はヘヴィなのが好きって事でしたから。だから曲作りもリフをまず先に作ってメンバーに聴いてもらって、サウンド面も含め、良いか悪いか、もっとこうした方が良いとか、意見を聞く事が多いんですよ。リフって楽曲の基本って言うか、印象的な部分でもあるから、そこは大事にしてます。まあ、4v8さんに聴かせると絶対に「いいね!いいじゃん!」しか返ってきませんが。たまに不安になります(笑)。

4v8 いや、yoshiken君は現場(リハーサルスタジオ)でポンポンとリフが出てくるのよ、ホント引出しが多いよね〜。俺には真似出来ません!

yoshiken でも、難しいリフでも4v8さんはサラッと弾けちゃうので頼もしいです。逆にリフを考えた俺がスムーズに弾けないっていう。

4v8 最近、TRAVEの曲も難しくなってきてるよねー。俺もスムーズに弾けない。ギター持つ位置上げたもん(笑)。




ー リフからはどのように曲が出来上がるのですか?

yoshiken リフが完成したらその先の全体を想像すると言うか、俺の場合はライブの演奏シーンを思い浮かべながら順々に作っていく事が多いかな。ここはギターが前に出て頭を振る場所とか(笑)。サビ前はリズム隊をタイトにとか。サビなんかは特にボーカルのイメージが最優先で、kabuさんが映えるようにしてます。音源でもライブでも主役はボーカルだと思ってますから。でもその中で、メンバーそれぞれの見せ場って訳じゃないけど、その点も含め、とにかくライブをイメージして出来上がっていきます。

ー 新曲は出来ていますか?

4v8 ガンガン出来てきてますよ!覚えきらないくらいにね!さっきも話したけど、どんどん難しくなってきてるから練習のはじめの方は復習からはじまります(笑)。