キャラメルパンチ / インタビュー公開!


12th Single「極夜」をリリースしたキャラメルパンチ。今までよりもタイトな環境でのレコーディングから直近に迫った「パンパチ21」まで、たわいもない話を添えてのインタビューです。

​interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2019.07.04



ー 今日はよろしくお願いします。

タンクボール よろしくお願いします!

石井ユウジ よろしくお願いします!

ー 前回のインタビューが2018年8月でしたので約1年ぶりのインタビューですね。この1年間は如何でしたか?

石井ユウジ 1年間!?長い(笑)!どこから振り返ればいいのかわからないんですけど、。ライブに関しては僕らは本数が多いわけではなかったんですが、僕としてはイヤモニを導入したりワウペダルを搭載したり、新しいことにチャレンジして己の成長は感じてはいます。ライブの評価も高いので、もちろんまだ伸び代だらけですが続けることや小さな一歩を大切にしていくことの価値を身をもって感じることができた1年でした。

楽曲の発信は決して多くはありませんでしたが個人的には「太陽」という曲をようやく世に出せたのは良かったです。

あとはまたバンドでもプライベートでも新しい出会いがたくさんあったことは外せないですね。

タンクボール そういえば思い出したけど、「skatto!!」のレコーディング後に、深夜の下北沢の飲み屋でインタビューみたいなのがありましたね(笑)。だから一年じゃないかな?

ー あー!ありましたね!

タンクボール しっかりして欲しいものです(笑)。あの時は「太陽」「絶望と星屑」をレコーディングした時で、今回は「極夜」「カギリナイミライ」。レコーディング直後というタイミングは全く同じですけど、自分の感覚としては全く違った感覚ですね。

ー と言いますと?

タンクボール 今回は大きなテーマが決まっていたり曲のモチーフがあったりしたので、色んな人や場面を想像してアレンジからレコーディング本番まで臨みました。と同時に今まで自分の懐に持っていないアプローチをしないと曲が全然活きなかったのでかなり悩みました。そしてだいぶ研究しました。Bass単体でいうと音の置きどころをより強く意識するようになりました。そのせいもあってか普段の曲の聴き方もだいぶ変わってきましたね。

石井ユウジ ちょいちょい!!レコーディングの話で行きます?とりあえず1年か半年でも振り返りたいんですが(笑)!

ー そうですね(笑)。振り返りお願いします!

タンクボール はい。正直に申し上げます。この一年?半年?結構たくさんの事があって、どれもこれも貴重だったんですけど、今頭の中が新曲リリースの事とパンパチの事、更にその先の事など未来モードになってるのでどれもしっくり思い出せません(笑)!思い出せるけど白黒の早送り映像みたいになってます。

もともと過去を振り返ってあれこれはしないタイプなのですが、もうこれは頭が馬鹿なのかもしれません。スミマセン!これインタビューにならないな(笑)。頼りにしてますユウジさん!というパスを投げてと。。。

石井ユウジ いいと思うよ!俺らみたいな三品は確かに振り返ってる場合じゃないよね。まだインディーズの底辺にいるんだから全てが手作り。どこからどこまでがアーティスト業と言うものかわからないけど先へ進むための手数は2人世帯の俺らは絶対的に他のバンドよりも多いし諸々がタイトだと思う。

正直、僕も今と先しか見てません。だけど現在の状況に至るまでたくさんの人との出会いと交流、そしてキャラメルパンチ のメンバー間の意見のぶつけ合いがあったことだけは言っておきます。何もなくして今回のレコーディングには至っていませんしね。

タンクボール です!

石井ユウジ では次の質問をお願いします(笑)!





ー では忘れないうちにレコーディングの話を聞かせて下さい。

石井ユウジ さっきタンクボールが言った通り今回は「極夜」「カギリナイミライ」の2曲を演ったんですが本当にギリギリでしたね。レコーディング当日まで、みんなのスケジュールが中々合わなくて2曲のアレンジに対してスタジオ2回、合計10時間でアレンジを仕上げるという荒技。  「極夜」のベースラインはレコーディング当日、むしろ最終的にはレコーディングしながら最終決定をしていく程でしたから。かなり不安でした!

タンクボール ユウジさんの言っている通りですね。今までよりもワンランク上の次元で更に時間との闘いでした。と同時にそのくらいのスピード感でもベストのアレンジを持ち出せる技量やアイデアがないといけないな~とも感じたので今回とても良いキッカケになりましたね。神経を研ぎ澄ませてた分また見えてきたものが多くありました。

ま、終わった今だから言えるんですけどね(笑)。

ー 石井君が歌録りのブースから出てきた時、湯気が出てましたもんね。

タンクボール 出てた出てた(笑)。毎度、歌入れの時の熱気は凄いんですけど、あそこまで茹だってるのは僕も初めて見ましたね。