TO-Ka / インタビュー公開!


ニューシングル「Now is THE TIME」をリリースしたばかりの空手コンドル。そのフロントマンを務めながらサブカルチャー「フルバウンス」を提唱、発信し続けるTO-Kaへインタビュー!

​interview by 齋藤泰人(Hooky Records)

2019.01.24



「Now is THE TIME」の「THE TIME」が大文字が重要ポイント!


ー ではインタビューを始めます。よろしくお願いします。

TO-Ka TO-Ka(とうか)です。宜しくお願いします。空手コンドルというバンドやってます。しかし寒いね。冬は結構苦手っす。南国に行きたい。

ー 確かに冬より夏が似合いますね(笑)。

TO-Ka 寒いと動きが鈍くなるんだよね。動きがワンテンポ遅くなるというか、体や部屋が温まるまでの時間が勿体ないというか(笑)。

ー いつも忙しそうですよね。寝てないイメージ(笑)。ちゃんと休んでますか?

TO-Ka やらなきゃいけない事と、やると決めた事、これからやりたい事、これらを全て同時に進めようとすると時間が足りな過ぎてね。でも例えば仮に1日の睡眠時間を8時間としたら、それを毎日2時間に短縮する事が出来たら、使える時間が一日6時間分も増える。月にしたら丸1週間分、年にしたらなんと一年が15ヶ月に(笑)。

 そんな事考えたら、「こりゃやべー!」ってワクワク興奮してさ、「こりゃ寝てる場合じゃねぇな!」って。単純でしょ(笑)。

 で、1日24時間使えると勘違いして朝から翌朝までスケジュールパンパンに詰め込んじゃったら寝る時間が無くなっちゃった、みたいな(笑)。

 まー、寝ないのが良い事では決して無いし、寝ないでフラフラになって頑張ったって生産性は下がるだけで意味無いから、色々と工夫はしてますけどね。最近、Ken-SEAが生命保険に沢山入れって凄ぇウルサイです(笑)。

ー さすがKen-SEA(笑)。



ー 久しぶりの新曲をリリースしますね?

TO-Ka 今回リリースする曲はライブでは以前からセット入れてる曲だったので、ちゃんと音源にしたいなってずっと思ってたんですけど、バンドや、それに関連して水面下でずっと準備を進めてきたいくつかの構想がいよいよ動き始めた2019年、平成から新時代に変わろうとしているこのタイミングが完全にビターっとイメージにハマってね。今がその時!そんな曲なので(笑)。

ー 「Now is THE TIME」ですもんね。

TO-Ka 「Now is THE TIME」の「THE TIME」が大文字なのがかなり重要ポイントなんです!

ー なるほどね。

TO-Ka この曲の原案というか、モチーフはhatchが持って来て、そこにウチのGroove番長(笑)のKen-SEAに曲の方向性というか、「ノリ」を吹き込んでもらって。で、そこから細かいアンサンブルをバンドで詰めていった感じですね。

歌詞に関しては、実は身の回りでかなり衝撃的な悲しい出来事が以前にありまして、その時の事をネタに書きました。何があったのかという具体的な内容は控えさせてもらいますが、「いつかやろう」なんて思ってるだけじゃダメだなって。現実はそう簡単なものでは無いけど、ほんのちょっとずつでもさ。全て限りがあるものだから。時間も命もね。

ー レコーディングはどのように?

TO-Ka レコーディングについては、各パートの音源をそれぞれメンバーからもらって、それをウチの制作チームの方で並べて組み立てて行くって感じですね。メンバーそれぞれの生活リズムが見事にバラバラなので、今回の音源が完成するまでのレコーディング行程で、メンバー全員が揃ったのって・・・弦楽器のベーシック録りの時に一度だけあったかな(笑)。あとは、もう制作チームを信用してお任せ!みたいな。ウチは今、メンバー&スタッフで完全に役割分担制にしたんですよ。例えば音源は制作部、イベント、Web、広告等は企画部、広報部とか。また、それらの各チームの指揮は俺が担当してます。一つ一つの項目をメンバー全員に確認取りながらやってたらホントに全然進まないのが大きな悩みだったので(笑)、みんなそれぞれ得意、不得意な分野もあるしね。バンドマンあるあるだと思うんですけど、例えば誰がスタジオの予約するとか、何で俺ばっかりやってんだとか。もうね、これは誰の担当とか全部決めちゃえば良いじゃんって。ウチの場合はそういう雑務的なものはO.K.Z.が自ら進んでやってくれてるので相当助かってますが(笑)。でも役割分担制にシフトしてから、バンドやイベントを運営するにあたり、様々なものが同時進行でどんどん進み始めて来たと最近感じます。で、制作チームの方としては、今回リリースする曲が初作品なんですよ。

ー​ 制作チームは誰ですか?

TO-Ka hatch、AKI、Ken-SEAです。

ー​ リリースのペースも上がりそうですね!